お問い合わせ

コラム一覧

いよいよ非常事態宣言が全都道府県において解除されました。
以前のように出社してオフィスワークすることを想像すると不安を感じますよね。

各企業様におかれましては、オフィス環境に対する様々なご検討をされているかと思います。

緊急事態宣言の延長を受け、引き続きテレワークを実施している企業様も多いかと思います。 その中でもご自宅での仕事はいつものオフィスとは違って公私のメリハリがつきにくく、 また、快適な環境を整えることにお悩みの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

令和2年4月7日に政府から緊急事態宣言が発出され、新型コロナウィルスの感染拡大を阻止すべく、 企業として在宅勤務やテレワークの検討・導入が必要となりました。 とはいえ、業務上の都合で「どうしても出社が必要」である業種や職種の方々も多くいらっしゃると思います。

「業務効率化」をお考えなら、ぜひ取り組んでいただきたいのが「オフィスの片付け」です。 ] 新入社員から異動で赴任してきたばかりの上司まで、スタッフ誰もがストレスなくものを探せるのは「30秒以内」。 それ以上の時間がかかるようでは、作業効率が落ちてしまうと言われています。

花粉やウィルスが気になる時期が続いています。皆さんはオフィス内の湿度の対策は行っていますか。 オフィス内の室温と湿度を一定のバランスで保つことによりインフルエンザやその他ウィルスの感染予防にもつながりやすくなります。

皆さんのオフィスではデッドスペースや、柱の間などをもっと上手く使えないかな?と 思うことはありませんか。 オフィスの間取りによってはそんな悩みが出る事もあると思います。
そんなスキマにフィットする家具を集めてみましたので今回はポッと置ける家具たちをご紹介いたします。

過去の大震災を機に企業防災を見直した企業様も多かったと思います。 社内備蓄、BCP対策、在宅ワークの導入など震災後はこういったワードを当たり前のように目にします。
大きな災害がなくとも日本では毎日、大きさに限らずどこかで地震が発生しています。

最近は、デスク周りやオフィスで使える便利アイテムが増えている事をご存じですか。 文房具は、形状や機能を極め使いやすさを追求しているものが増えていますよね。 オフィスでは、フリーアドレス化やペーパーレス化によるクリアデスクが重視され、 身の回りの書類や文房具を整理整頓する機会も多く、 それに伴った収納アイテムなどを目にする機会も多くなってきました。

2020年4月1日より健康増進法の一部を改正する法律が施行されます。 これまでも国の動きとして、路上喫煙の禁止などの対策を行ってきましたが 今回の法改正により、 さらに望まない受動喫煙を防止する施策が施行されることになりました。

今年も有志で集まって、弊社の“えふに”(分室=FRS Second)でクリスマス会を催しました。
毎月コラムを通して皆様に有益な情報をお届けできるように、 微力ながら努めておりますが、 今回は当社の様子を少し知っていただこうと思い、クリスマス会の様子をお届けします!

スマホを使った決済やネットショッピングなどスマホは世代を問わず生活には欠かせない存在となっています。
2018年の某コンサルティング系調査会社の発表によると、1人当たりの利用時間はついに3時間を超えたとの事。

ノートPCやタブレット端末を活用されている企業様が多い昨今。
社内外問わず、端末を持ち込んでの打合せ参加が増えてきているかと思います。

今様々な働き方の変革により、フリースペースが拡大するなどオフィスのオープン化が進んでいる一方、 「集中しにくい」「聞かれたくない」などの音による課題が出てきています。

皆さんはオフィスの中で暗くて陰鬱な印象を受けたり、 リラックスして過ごしたいのに明るすぎて眩しいなどと違和感を感じる事はありませんか。 照明の明るさには、人が「快適」と感じる適切な照度と色があり、 「暗すぎる」「明るすぎる」と感じる環境は、ワーカーの健康や業務に影響が出るケースもあるのだとか・・・。

今年も家具メーカーさんの新商品発表会やフェアが開催される時期になりました。 10月8日、丸ノ内ショールームにて開催されたハーマン・ミラーの新商品お披露目会。
ここで発表された商品をご紹介する前に少し、ハーマン・ミラー社のご紹介をします

五感で良い影響を与えるオフィス空間が注目されています。
その中でもワーカーや来訪者に対し、心理的効果を期待して導入が増えているアイテムが「香り」です。 オフィス空間に香りを取り入れる事で、働く環境を整えられるという目的もありますが、 来客のお客様を気持ちよく迎え入れられるという面でも注目されています。
今回は、五感の中でも嗅覚にあたる「香り」についてご紹介いたします。

毎年秋から冬にかけて流行り始める感染症。 ノロウィルスやロタウィルスを原因菌とする感染性胃腸炎やインフルエンザが流行る時期です。 例年、10月中旬頃からは感染性胃腸炎11月下旬頃からはインフルエンザが流行り始め、1~2月にピークを迎えます。
今年は例年より1週間早く、都内の公立小学校でインフルエンザの集団感染が報告されました。 感染の80%は接触によるものです。今年は例年より早めの対策が必要になるかもしれませんので、 基本的な予防以外にどんな対策ができるのかをご紹介いたします。

皆さんは日々、疲れを感じる事なく起きられていますか?十分な睡眠時間が確保できていると感じていますか?

日本は世界の中でも睡眠時間が一番短いと言われています。

バイオフィリックデザインという言葉をご存知でしょうか。
バイオフィリックデザインをオフィスに取り入れる事で、従業員の生産性向上やストレスレスはもちろんですが、 個々の幸福度向上に繋がりやすいとして注目を浴びています。

自然災害が多い日本。今でもビルの耐震性を気にされる企業様も多いのではないでしょうか。 旧耐震ビル、新耐震ビルに加え最近では免震構造・制震構造という言葉も当たり前に聞くようになりました。一体何が違うのでしょうか?
今回はビルの「耐震構造」についてご紹介いたします。

約1年後に控えた、東京オリンピック・パラリンピック。
新国立競技場も9割ほど完成し、12月には一般公開ができるようなスケジュールで進んでいるそうです。 いよいよという感じがしますが、大会が始まると人も多くなり交通への影響がどうなるのか?心配になりませんか。

先日開催された働き方改革EXPOに行ってきました!
このEXPOでは総務・人事・経営・IT部門、それぞれの視点から働き方改革を推進する商材が集結します。オフィス家具部門で見つけたおススメ家具をご紹介いたします。

国会でも「ペーパーレス化を進める」というニュースがありました。
現在は、国会で配布される一部の書類に関しては紙の印刷物を全議員に配布することになっているようです。それらの書類は来年から電子データでの配布に切り替わる予定で、紙の配布がなくなると年間約4600万円の経費削減に繋がる見込みなんだとか…。

皆さんのオフィスにBGMは流れていますか?
音楽は気持ちをリラックスさせる効果や、オフィス内の場所や時間帯に合わせて音楽のジャンルを変えることで業務のON/OFFの切替えができ、社内での作業効率を向上させる効果が期待できます。

2017年5月に「民法の一部を改定する法律」が成立し、2020年4月1日からの施行が確定いたしました。民法の改定は何と120年ぶりなのだとか。

様々なシーンで活用されるホワイトボード。最近は働き方の多様化により、オフィス空間の機能も形状も変化しきていますが、ホワイトボードも進化しているんです。

健康経営を考える上でもう一つ意識する必要があるのが「オフィス環境」です。

健康経営という言葉を見たり聞いたりしますが、具体的な活動例とその効果をご存知の方は少ないかもしれません。

インフルエンザウィルスやノロウィルスの感染経路の8割は接触感染とも・・・弊社では、今年もデルフィーノで「オフィスまるごと抗菌コーティング」を実施。

ご存知でしたか?日本は世界一座りすぎている国・・・。座りすぎによる体への影響は様々な報告がありますが、中でも「腸」への影響が大きく大腸がんの罹患リスクが懸念されています。

新築ビルの建設が進むここ数年。企業ブランドイメージの向上、採用強化などを理由に大規模ビルへの入居を検討する企業様も多いのではないでしょうか。

2020年東京オリンピック・パラリンピックの開催も近づき、大会に向け競技施設の建設、通信インフラの整備、宿泊施設の補填、と着々と準備が進んでおります。

昨今のオフィス業界で「オフィス不足」「空室率低下」「賃料高」という言葉を耳にする機会が多くなってきました。最近でも日本経済新聞からバブル期並みのオフィス不足という記事も出され、記事を読まれた方も多いと思います。

9月頃より東京都や大阪府など都市部に集中して感染が広がり10月末の時点では学級閉鎖や学年閉鎖になった報告もすでに100件超えています。近隣の県への感染拡大も見込まれるため早めの対策が必要です。

「集中したい」、「ちょっと集まりたい」「議論したい」など目的に合わせて使い分けができる家具をご紹介いたします。

ABWとはActivity Based Workingの略で、仕事の内容や目的に合わせ、オフィス内外で作業する場所を選択できる多様な働き方の事を指します。

皆さんの会社では災害時への対策は万全ですか。2011年の東日本大震災以降、企業、地域、商業施設での防災のあり方や防災対策が注目されているように思います。

日本は世界20ヵ国の中で座る時間が一番長いという結果が報告されています。最近、「健康経営」という言葉をよく耳にしますが

オフィス内のウィルス対策出来ていますか。オフィス内の感染を徹底予防できるデルフィーノ

上期も終りに近づき、「組織の変更」「来年の春に新卒を採用する」などの理由でオフィスがパンパン!!

現在東京都心では活発に再開発が行われ、次々と大型のビルが竣工しております。なぜこんなに再開発が活発なのかご存知でしょうか。


FRS業務は次の「不動産」「内装」「PM(プロジェクトマネジメント)」で成立っております。