お問い合わせ

コラム : 第9回

オフィスのインフルエンザ対策

2018年~2019年にかけては4種類の流行が予想されています。

A型2種類:『シンガポールA型/H1N1』『香港A型/H3N2』
B型2種類:『プーケットB型(山形系統)』『テキサスB型(ビクトリア系統)』

9月頃より東京都や大阪府など都市部に集中して感染が広がり10月末の時点では学級閉鎖や学年閉鎖になった報告もすでに100件超えています。近隣の県への感染拡大も見込まれるため早めの対策が必要です。

■定点医療機関当たり患者報告数 2018年12月9日(第49週)まで

※出典:東京都感染症情報センター

2018年12月9日時点ではまだ患者数の拡大が見られませんが、例年の推移から推測するとこれからの時期年末から年明け、1月にかけて患者数が増える傾向が見受けられます。これからの時期、本格的に患者数/感染者数が増えるでしょう。


そこで、オフィス内で効果的な感染予防対策delfino(デルフィーノ)をご紹介します。

■まとめ

デルフィーノは、土日や業務時間外を利用し、オフィス内の荷物を動かすことなくそのまままるごと抗菌化が可能です。また、抗菌コーティング後は約1年間の効力が持続します。インフルエンザが猛威を振るう前に、単一感染者からパンデミックを起こさないように、安心して業務ができる環境づくりをご検討されてみてはいかがでしょうか。