お問い合わせ

コラム : 第14回

今シーズンもやりました。
「まるごと抗菌」でインフルエンザ対策!


インフルエンザウィルスやノロウィルスの感染経路の8割は接触感染とも・・・
弊社では、今年もデルフィーノで「オフィスまるごと抗菌コーティング」を実施。
社内での接触感染を予防し、家庭やお取引先様先へウィルスを持ち出さない安心・安全なオフィスを目指します!

※「デルフィーノ」っていったい何?(過去コラム2018/09/12)

もう少し詳しく知りたい!という方はこちらからお問合せください。

■抗菌剤の準備

この噴霧器にデルフィーノを装填し、ナノレベルの霧を噴霧することで空間全体をコーティングしていきます。

【噴霧器】

■オフィス内の準備

社内にある什器やOA機器の移動はいりません。現状のままで抗菌する事ができます。
弊社の場合は、デルフィーノの施工代理店なので、準備から施工までの全てを自社社員で行います。

① 施工対象の部屋を養生します

ガムテープとビニールシートが一体になった養生シートを隅から密閉させるように養生します。


反対側まで貼れたらシートを下まで降ろし、シートがよれたり、隙間ができないように家具で留めたり、ガムテープで貼り付けたり、とにかく密閉させることがポイントです。

② 煙感知器、壁の隙間も養生します

共用部や外へ通じる壁の隙間がある場合は、念のため開口部分も養生シートで密閉させます。また、煙感知器なども養生シートで覆い被せて行きます。

③ 軽く乾拭きと噴霧器のセットをします

せっかく噴霧した抗菌剤がホコリに付着し流れ落ちないように、デスク上は軽く乾拭きをしておくとより効果的です。

噴霧器は床置きでも、デスク上でもどちらに設置しても問題ありません。施工する部屋に噴霧器を対角線上になるよう、設置させると部屋をくまなく噴霧させることができます。

④ 噴霧開始

このように噴霧した場所には抗菌剤が付着し、ウィルスの不活性化が期待できます。

■まとめ

いかがでしたでしょうか。
噴霧後は霧がかった状態が2時間程度続きますが、ゆっくり定着し、それ以降は普段通りの状態に。デルフィーノによって抗菌コーティングされたオフィスは、環境にもよりますが1年間を目安に効果が期待できます。

※SIAA(抗菌製品技術協議会)の基準を満たしたデルフィーノは安心してご利用いただけます。オフィスの環境改善や社員への健康配慮は企業ブランディングにも繋がるのではないでしょうか。

(SIAAコード:JP0111065A0001Q)

もう少し詳しく知りたい!という方はこちらからお問合せください。