お問い合わせ

コラム : 第59回

温故知新シリーズ「神保町、九段下エリア探訪」

画像引用:古地図withMapFan(神保町・九段下エリア抜粋)

千代田区の魅力の発信していく新企画「温故知新シリーズ」。記念すべき第一回は、当社もオフィスを構えております神保町・九段下エリアの魅力を発信していきます。

千代田区の中でも屈指の好アクセスにもかかわらず値ごろ感があり、そして街の魅力が満載…それが神保町・九段下エリア。

オフィスを構えるには最適な場所であると言わざるを得ません。当社も2014年にこの地に引っ越してきました。その理由は、

・社員の、通勤の便の良い場所だった!
・顧客を、マッピングしたら営業の移動効率が良かった!
・賃料に、値ごろ感があった!

意外にも徹底分析した結果、この場所に落ち着いたというわけなのです。

あれから7年が経ち、昔よりもずっとお庭感の高まったこのエリア。今回は、そんな神保町・九段下エリアの魅力を存分にお伝えしたいと思います。どうぞ最後までお付き合いください!

神保町・九段下エリアってどんな場所?

画像引用:GoogleStreetview神保町交差点

神保町・九段下エリアの概要

神保町・九段下エリアは、明治大学をはじめとして、大学や専門学校が多く立地する、広範囲な文教エリアです。また、世界最大ともいわれる古書店街など書店・出版社が多いことでも有名。書店等は元々多かったそうですが、学校の集積と相まってさらに増加、現在では200店舗以上に至るといいます。

誰が呼んだか「日本のカルチエ・ラタン」(※カルチエ・ラタン…セーヌ川左岸の区域で、パリ大学をはじめとした名門高等教育機関が集中し、学生街として有名)とも。

photo by Gerd Eichmann

だいぶおこがましい感じもありますが、ほんの少し分かるような、やっぱり分からないような…。

古書街に関してはなんと、書店や古書などを検索する専門のWebサイトまでありました。

「本の街」神田神保町オフィシャルサイト

きっと、この地にはご当地でしか見つからないような古書や専門書があるんでしょうね!

ECの台頭、書籍の電子化など、逆風が吹き荒れ厳しい状況が推察されますが、元気な書店が並んでいる光景が残り続いて欲しいものです。がんばれ神保町!

神保町・九段下エリアは、歴史的建造物が多数存在するエリアでもあります。次項では、代表的なふたつの建造物の歴史と、その変遷についてレポートしていきたいと思います。

九段会館(九段南一丁目プロジェクト)

画像引用:東急不動産Webサイトより

九段会館は、1934年(昭和9年)に「軍人会館」として完成以来、結婚式場や宿泊施設として賑わいを見せ、ご当地のランドマークとして君臨し続けています。外観には「帝冠様式」と呼ばれる特徴を備え、永く九段下の景観を形成してきました。

現在、建物の老朽化にともない建て替えプロジェクトが進行中です(2022年7月竣工予定)。「帝冠様式」を表す建物東側と北側のL字部分を保存しつつ、その上空に17階建てのオフィスビルがそびえ立ちます。保存部分は、宴会場、カンファレンスセンター、シェアオフィス、店舗などとして活用する計画が公表されています。

写真は、2021年4月19日撮影した絶賛建築中の様子。完成が楽しみですね!

九段下ビル(旧:今川小路共同建築)

画像引用:GoogleStreetview九段下ビル(2009年12月)

九段下ビル(旧称:今川小路共同建築)は、関東大震災の復興助成を受けて1927年に竣工した耐火建築の4階建て店舗併用住宅です。屋上付帯設備を含めた地上4階建ての鉄筋コンクリート造で、外観は磁器タイル仕上げ。当時の小規模ビルディングの特徴がよく表れているとして、ちょっとした観光スポットにもなっていたそう。当時は、路面店舗(1F)、商店主の居宅(2F)、貸事務所(3F)として運用されていました。バブル期に地権が複雑化したことも手伝って、補修されずに外壁の老朽化が進みましたが、廃墟のような雰囲気が、さらに多くの人を惹きつけていたとか。

2011年3月11日の東日本大震災では震度5強の揺れにより被災、以降の耐震性の保証が難しくなったことから解体が決定。跡地を学校法人専修大学が取得し、2020年4月、専修大学神田高層新校舎(10号館)が竣工しました。

写真は、2021年4月19日に撮影したもの。専修大学の新校舎として、先進的なビルに生まれ変わりました。

1F正面には、「SENDAI-Kaffee」と呼ばれるカフェが。学生以外の利用も可能で、コロナ禍の影響もあってか、午前中などはノートPCを開いてカタカタと仕事に励むビジネスパーソンの姿が目立ちます。

次項では、神保町・九段下エリアの「食」事情についてご紹介していきたいと思います。

右手にスプーン、左手に本

神田エリアと言えば「カレーの聖地」として全国区の人気エリアです。古くから、「右手にスプーン、左手に本」と言われ、本を読みながらカレーを食べるスタイルが、このエリアのランチのスタンダードだとか(諸説あるそう)。確かに、お行儀の良し悪しはさておいて、カレーは「ながらスタイル」に向いてますよね!

ご存じのかたも多いと思いますが、神田には、2011年にこんなイベントも発足しました。

神田カレーグランプリ

神田は400店近くのカレー提供店があつまるカレー激戦区。その中から神田カレーNo1を決めるイベントが神田カレーグランプリです。グランプリを決めるのは来場者による投票(神田カレーグランプリWebサイトより)。

カレー店だけでも400店近くとは…このエリアはまさにランチ難民知らず!

カレーは、注文してから提供されるまでのスピードが早いものも多く、(個人差はありますが)スピーディに食べ終えられることから、忙しいビジネスパーソンにとっても強い味方!しかも、文教地区であることから、学生のお財布にも優しい安価なお店も多いのです(カレー以外の飲食店でも、ランチや定食など、リーズナブルな価格設定のお店が多い!)。

カレーの名店ひしめく神田界隈ですが、ぜひ行っていただきたいのはこちら!

欧風カレーボンディ(神保町駅より徒歩1分)

画像引用:欧風カレーボンディWebサイトより

秘蔵のスパイスブレンドがかもし出す絶妙な風味(中略)ソースの本場、フランス仕込みのオリジナル手づくりソースが奏でる洗練された味のハーモニー(欧風カレーボンディWebサイトより)

第一回神田カレーグランプリでも優勝している、まさにカレーの聖地を牽引するトップランナー!創業者が、フランス滞在中に習得されたブラウンソースを使った魅惑のルーに、舌鼓を打つこと間違いナシです。

ランチタイムど真ん中には行列もしばしば…しかし、同店は11時~20時の通し営業スタイル!少し時間を外して訪問してみては?

神保町・九段下エリア お腹が満たされたあとは…

千鳥ヶ淵

画像引用:千代田区観光協会Webサイトより

都内屈指の桜の名勝「千鳥ヶ淵」。皇居のお堀沿いに約700メートルの緑道は、桜の季節はまさに圧巻!都内有数のお花見スポットとして知られています。

ある年代のかたは、爆風スランプの「大きな玉ねぎの下で」を思い出すかもしれませんね!東西線の九段下駅では、2015年からこの曲が発車メロディに採用されています。

それ以外の季節も緑が豊富で眼下には水がせせらぎ、癒しの場所になること間違いなしですね。ランチで少し食べ過ぎたかな…なんて思ったときには、ココで少し歩いてカロリーを消費してみてはいかがでしょう?

まとめ

今回は、神保町・九段下エリアの魅力に迫りましたが、いかがでしたか?

・世界最大とも言われる古書街の存在!
・魅力的な歴史的建造物!
・カレーの聖地!
・癒しの散歩道「千鳥ヶ淵」!

この懐の深さは、他のエリアではちょっと代替できそうにありません。「オフィスをかまえる土地としての神保町・九段下エリア」という観点では、

☆アクセスが良い!
☆値ごろ感がある!

この要素は外せませんね!最後にこの2点について整理したいと思います。

神保町・九段下エリアは、アクセスが良い!

画像引用:東京メトロWebサイトより

神保町・九段下の両駅は、なんと、以下のとおり4つの路線が使用可!

・神保町駅:東京メトロ半蔵門線、都営地下鉄新宿線・三田線
・九段下駅:東京メトロ東西線・半蔵門線、都営地下鉄新宿線

神保町には新宿線、九段下には東西線と、上手に補完し合っているのです。このいずれかの路線を駆使すると、主要ターミナルのアクセス時間は以下のとおり。

・新宿駅 8分
・東京駅 10分
・渋谷駅 14分

どの駅にもあっという間に到着することができてしまいます。これなら、本社オフィスとしてはもちろん、サテライトオフィスとしても抜群の利便性ですよね。当社も7年前に表参道から引っ越してきましたが、当時よりも利便性が増したと社員から好評です!

神保町・九段下エリアは値ごろ感がある!

神保町・九段下エリアは、抜群の好アクセスにも関わらず、千代田区内でも有数の値ごろ感のあるエリアなのです。以下の表は、各エリアの坪あたりの募集賃料の平均単価と千代田区を6つのエリアに分けたもの(右側)です。

※1 神保町は、九段エリアに含まれます
※2 単価は2021年3月末日時点のデータを集計しております

さらに、賃料をグラフ化してみました。

中規模ビル(50~99坪/青色の棒グラフ)、大規模ビル(100~199坪/赤色の棒グラフ)ともに、水道橋・飯田橋・九段エリアがもっとも安価であることが分かります。現在のように不確かな状況下で、固定費をなるべく圧縮したいとお考えの企業様は多いのではないでしょうか。

神保町・九段下エリアは、そんな方々のニーズにも応えてくれる素晴らしいエリアなのです!

以上、これにて神保町・九段下エリアのレポートを終了させていただきます。神保町・九段下エリアの魅力が、少しでも皆様にお伝えできていたら嬉しいです。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

(著:FRS広報チーム)

参考資料

・千代田都市計画情報システム

・欧風カレーボンディ

・千鳥ヶ淵緑道(千代田区観光協会)